子供に新規で自動車保険に加入させる場合

子供が免許を取った時
自動車保険の新規加入について
悩む方もいると思います。

特に18歳で自動車保険に
新規加入する場合は
保険料が高くなりますからね。

保険料を出来るだけ安くする方法は
ないのでしょうか?

子供を新規で保険に加入させる時は

家族で使う車に乗る場合
新しく子供が車を買う場合

の時に考えるの事だと思います。

ここでは、子供が保険に加入する際に
出来るだけ安い保険料にする方法を
解説していきます。

家族で使う車に乗る場合

この場合は親(契約者)の保険に
追加で加入させる事になります。

追加というよりは

「補償の対象の幅を広げる」

という感じです。

この場合「こども特約」などの
特約や割引などを見直しする事で
保険料を安くすることが出来ます

しかし、特約については
保険会社でサービスや条件が違います。

なので、ここでは特約などは細かく
説明することが出来ません。

ただ、1つ言えることがあります

それは、通販型(ダイレクト型)の
保険会社は
条件を細かくする事によって
安い保険料を実現しています。

つまり、代理店型の保険会社に比べて
安く出来る可能性が高い
です。

例えば、セゾン自動車火災保険の
「おとなの自動車保険」は
主に運転する人を親にする事で
保険料を安くする事が出来ます。

どういう保険の内容なのか
簡単に説明しますと・・・

保険料を多く占めているのは
「年齢」という条件です。

事故を起こしやすい若い人が
保険料は高くなります

つまり、子供の年齢に合わせて
保険に加入することが

保険料を高くする原因になります。

しかし、「おとなの自動車保険」は
大人の年齢に合わせた保険内容に
子供の補償を加えます

ですから、基準の保険料が
年齢が高い親になるので
保険料を格段に下げられるのです。

このように保険会社によって
独自の特約があります。

現在加入している保険会社だけで
保険料を判断すると損をするので
状況によって検討すると良いです。

新しく子供が車を買う場合

新しく子供が車を買う場合は
現在契約している親の保険に
加入する事は出来ません。

ですから、子供本人が
新規で加入する事になります。

保険料を安くする方法は2つ。

・セカンドカー割引を利用して
7等級からスタートさせる

・親の加入している保険を引き継ぎ
親が新規で加入する

のパターンです。

セカンドカー割引は

配偶者(夫婦)か同居の親族が
利用出来る割引
となります。

ただ、現在親が加入している
保険の等級が11等級以上である

という事が条件となっています。

そして、セカンドカー割引よりも
保険料を安くする可能性があるのが

子供が親の等級を引き継いで
親が新規で加入する方法
です。

保険料が占める大きな条件の1つに
等級」があります。

等級が高くなるにつれて
保険料の割引が大きくなり
保険料が安くなっていきます。

仮に、保険料を年齢と
等級だけで考えた場合
以下のようになります。

年齢が低い → 保険料は高い
等級が低い → 保険料は高い
年齢が高い → 保険料は安い
等級が高い → 保険料は安い

子供の場合は「年齢が低く」て
「等級も低く」なるので
保険料が高くなります

これが、親の等級を引き継ぐと
「年齢が低く」なり「等級は高く」
なります。

等級が高くなる分だけ
完全に新規で加入するよりも
保険料を安く出来るわけです。

当然、新規で加入する親の保険料は
現在より高くなります。

でも、子供が新規で加入するよりは
安くなります

つまり、家族内で支払う
トータルの自動車保険料は
安くなる
という事です。

自動車保険は保険会社や
条件などの違いで金額に差が出ます。

ですから、「出来る限り安く」
と考えているのであれば
必ず複数社で見積もりを取り
比較することが大切です。