自動車保険の見積もり項目で
走行距離を入力する項目があります。

もし、本来走る距離よりも
年間走行距離を少なくして加入すると
事故を起こした時に補償は
されなくなるのでしょうか?

確かに年間の走行距離が少ない方が
保険料は安くなります。

という事は、嘘の申告でも
バレないなら少ない距離で申告して
加入する方が得だと思いますよね。

実際のところどうなのか
気になったので調べてみました。

結論から言うと距離が違っていても
補償されるようです。

ある保険会社のQ&Aに

「追加保険料を払う事で補償が出来る」

と記載していありました。

でも、多少の誤差なら
そのまま補償されるそうです。

とはいえ著しく距離がズレていると
補償がされない事もあるようです。

そういう意味では
保険会社の判断次第となるでしょう。

事故を起こさなければバレないので
嘘の距離を申告しても
問題ないかもしれません。

でも、事故を起こした時に
補償されないとしたら問題です
ね。

保険に加入してる意味もないですし
修理代などの費用も出ないわけです。

かなり大変な思いをするでしょう。

こういった事を考えると
嘘の申告をするのはやめた方が
良さそう
です。

もし、使用頻度が途中で変わってしまったら?

転職して通勤先が変わったり
逆にあまり使わなくなった場合は
どうなるのでしょうか?

この場合は途中で申告すれば
問題ありません。

使わなくなり走行距離が減るなら
保険料が安くなります。

その場合は変更した方が良いですね。

逆に車の使用頻度が増えて
走行距離が長くなると
保険料は上がります。

そうなると変更したくないですよね。

でも

「変更して上がった保険料が
気になるようであれば
保険会社を変えてしまう」

という手もあります。

保険会社によっては
距離を変えても今と変わらない
保険料になるかもしれません。

もしかしたら、今よりも保険料が
安くなる事もある
でしょう。

自動車保険の見積もりは
ネットで無料で出来ますので、
一度試してみるといいですよ。