週末だけしか車を使わない場合の保険料について

週末だけしか車を使わない場合の
保険料はどれくらい安いのでしょうか?

テレビCMのキャッチフレーズで

「保険料は走る分だけ(ソニー損保)」
「保険料は走った分だけ(イーデザイン損保)」

などと言っていますよね。

このフレーズから考えると

「週末だけしか車を使わないなら
保険料が安くなる」

ということが想像出来ます。

最初の頃はよく乗っていても
仕事を辞めたり、通勤距離が短くなったり
色々な理由で乗らなくなる事もあります。

環境が変わったのにも関わらず
保険の内容を変えてなかった場合は
無駄に保険料を払う事もありますね。

ここではどれだけ無駄になるのか
解説していきます。

走行距離でどれくらい保険料が変わる?

実際にどれくらい変わるのか
一括見積サイトで
保険料の見積もりを取ってみました。

同じ条件で年間の走行距離だけを
「10000km~10000km以下」を
「2000km以下」にして
見積もり出してみました。

チューリッヒ
75,720円 → 52.840円

三井ダイレクト損保
66,620円 → 56,270円

アメリカンホームダイレクト
89.580円 → 60.130円

ソニー損保
81.970円 → 65.670円

損保24
91.090円 → 84.800円

イーデザイン損保
87.300円 → 79.480円

如何でしょうか?

アメリカンホームダイレクトは
29,000円も下がりました

月にすると3000円近く
安くなる事になりますね。

逆に損保24で考えてみると
約6000円しか下がりません。

つまり

「保険会社によって
保険料の差が違ってくる」

という事です。

保険料を安くする為には?

週末だけしか車を使わない場合
保険料を安くする為には
走行距離の設定が細かい保険会社を
選ぶ事が大切
です。

また、今まで通勤や業務で
使用していた。

でも今は週末しか利用しない。

そんな時は一度見直しましょう。

また、走行距離だけはなく
保険会社の見直しをする事も
必要
です。

自動車保険の見直しは
1社ずつ確認するのは大変です。

保険会社を見直すなら
一括見積もりサイトを利用すると
あまり手間が掛かりません

まず現在の補償内容がわかる資料を
手元に用意しましょう。

そして見積もりを取り
各保険会社の比較ををすれば
あなたに合った保険が見つかります。