車両保険に免責はある方がよいのか?

車両保険を付けるときに
「免責」を付けるかどうか
考えなければなりません。

「免責」は保険会社からみて
支払うべき保険金額の一部を
免除するという事
です。

例えば、修理代30万だった場合
車両保険で「免責5万」という設定は
25万円だけ保険金が支払われる
という事になります。

免責を付けると年間の保険料は
安くなります。

免責を付けておく人は多いです。

ただ、免責を付けるといっても
いくつかパターンがありますので
その点について解説していきます。

免責の付け方

免責を付けるといっても
いくつかのパターンがあります。

保険会社で多少の違いはありますが
以下のような設定に出来ます。

0-0万円
免責無し
0-10万円
1回目は免責なし、2回目は10万円
5-10万円
1回目は5万円、2回目は10万円
10-10万円
1回目も2回目も10万円

このように自己負担を設定すると
保険料を安くする事ができます

ちなみに、全損の場合は
自己負担はありません。

また、接触事故を起こした時に

「相手がわかれば、
免責の設定をしていても
自己負担が引かれない」

という特約もあります。

各保険会社で内容は違うので
1社ずつ確認すると良いでしょう。

免責はどの設定にすればよいのか?

免責を設定する場合も悩みますよね。

保険料を出来るだけ安くしたいなら
免責を付けるしかない
でしょう。

ただ、仮に「5-5」で
免責を付けたとしましょう。

修理するような事になれば
5万円を負担することになります。

その時に支払う「5万円」を
どのように考えるかで
免責を0にした方がいいのか
判断出来るのではないでしょうか。

また、車両保険を使った時に
等級が下がります。

その時に上がる保険料と
照らし合わせて考えるのも
1つの手ですね。

例を挙げてみます。

仮に「無事故の11等級」の状態で
自宅の門にぶつけたとします。

この状況で車両保険を使うと

「3等級」

下がります。

するとこの例の場合は
「事故有の8等級」になります。

この時、等級の割引率を確認すると
46%から21%に下がってしまいます。

もし、現在の保険料が
年間20万円だとしましょう。

10万8000円から15万8000円

に値上がりしてしまいます。

この時の差額は5万円です。

無事故で3年経たなければ
事故無しの割引率になりません。

元に戻るまで約15万程度の
差額が生じます。

つまり、修理代が15万程度までなら
自腹で払った場合と変わらない
ということになります。

15万程度の修理で
保険を使うつもりがないなら

免責は10万で付けていても
問題ない
でしょう。

相手がいる事故であれば
相手の過失分から補填されます。

免責分は負担せずに済むでしょう。

こういった事を考慮して検討すると
免責の設定で悩まずに済みます。

ただ、車両保険に加入していても
当て逃げや落書きなど
対象にならない場合もあります。

その点は契約する前に
確認するようにしましょう。

各保険会社によっても
特約の内容は違う点があります。

必ず複数社で見積もりや
補償内容を比較すると良い
ですよ。