車両保険は付けるべきか?

車両保険を付けるかどうか
悩む人は多いと思います。

確かに、車両保険を付けるのと
付けないのとでは
保険料がかなり違ってきます

自分が払える保険料の
ギリギリのラインですと
余計に悩んでしまうでしょう。

ここでは、車両保険は付けるべきか
判断方法について解説しています。

車両保険を付けるかどうかはケースバイケース

車両保険は車の価格で考えると
付けるべきかどうかを
判断する事が出来ます。

例えば

「10万円程度で購入した車で
傷が付いたりしても気にならない」

というのであれば
車両保険を付ける必要はない
です。

そもそも、こういう車は
購入価格より修理代の方が
高くなる場合が多いです。

修理代が車の時価額を超えると
修理して直るとしても
廃車扱いになっていまいます。

もし修理して乗りたくても
修理代は車の時価額以上は出ないので
差額は自腹を切ることになります。

ですから、このケースであれば
車両保険が無くても
大した困る事はないでしょう。

逆に新車や新古車など
それなりに高額な車を購入したら
車両保険を付けた方が良い
でしょう。

やはり、100万円前後の
金額になってくると
万が一の時に掛かる費用が
負担になってきます。

もし、ローンで購入していたら
車は無いのにローンは払い続ける
という事になります。

全損じゃなくても20万、30万と
修理代が掛かる場合でも
大きな出費になるでしょう。

なので、まとまったお金が出せないなら
付けた方が安心です。

注意しておきたい事

車両保険を

「付けない」

と決めた場合
注意したい事もあります。

車両保険を付けないと

修理は全て自分で負担する

ということは
理解しておく必要があります。

例えば・・・

駐車場で子供に
ボールをぶつけられて凹んだ

過失0の事故だったが
相手が無保険だった

台風で落下物が車にぶつかり破損した

上記のような

「自分に責任がない事態でも
自腹で対応する可能性が高くなる」

ということです。

とはいえ車両保険は安くないので
微妙な価格の車は悩むでしょう。

極端に高い車、安い車であれば
決めやすいのですが
50~80万くらいの車などは
難しい価格帯ですね。

ですが、車両保険は付けた方が
安心なのは間違いありません。

どうしても悩むのであれば

「車両保険を付けても支払える保険料の
保険会社を探してみる」

のがオススメです。

保険料は高い保険会社と
安い保険会社の年間の差額が
5万円なんて事もよくあります。

つまり、比較すれば
何とかなる場合もあるという事です。

今はインターネットで
簡単に比較することが出来ます。

保険会社を決める前に
一度見積もりを比較すると
損をしなくて済むでしょう。