搭乗者傷害保険と人身傷害補償の違い

搭乗者傷害保険と人身傷害補償の違いが
わからないという人も多いようですね。

人に勧められて保険に加入する場合は、
大体の人がどちらの補償も付けています。

ですが、実際のところ
どういった時に使える補償なのか
わかっていない人が多いようです。

ここでは搭乗者傷害保険と
人身傷害補償について解説していきます。

支払い方法や金額に違いがある

人身傷害補償と搭乗者傷害保険の
違いについてまとめてみました。

人身傷害補償

実際の損害額が支払われる 怪我の治療費
休業損害
後遺症の逸失利益
交通費
費用は示談が終わってから支払われる

 

搭乗者傷害保険

契約で決められた金額が支払われる 入院や通院の日数に対して決まった額が支払われる
(5日以上で10万円など・・・)
怪我の度合いでも金額が違う
費用は治療途中で支払われる


人身傷害補償と搭乗者傷害保険の違いを
簡単に解説すると上記のような感じです。

搭乗者傷害保険の位置づけとしては
人身傷害補償の上乗せ補償
というイメージで良いでしょう。

つまり、付けなくても
大きな問題はないと言えます。

搭乗者傷害保険と人身傷害補償のよくある勘違い

搭乗者傷害保険と人身傷害補償は

搭乗者傷害保険は
運転手(自分)は使えない

人身傷害補償は搭乗者
(運転手以外)には使えない

というような勘違いをする人がいます。

しかし、実際はどちらのパターンでも
使う事が出来ます

ただ、搭乗者傷害保険は念のため
保険会社に確認をした方がよいです。

保険の担当者によっては
何も言ってこない時があります。

また、自損事故では
自賠責保険は使えないのですが
搭乗者傷害保険と人身傷害補償は
使えます。

尚、搭乗者に対しては
自賠責保険は使う事ができます。

まとめ

搭乗者傷害保険と人身傷害補償は
支払われる金額や時期が違うだけで
使える条件等はそれほど変わりません

人身傷害補償があれば
基本的に搭乗者傷害保険は

付けていなくても
問題がない場合が多い
です。

搭乗者傷害保険は
人身傷害保険の補償に
上乗せしたい時に付ければ
良い保険と認識すれば良いです。

あとは、毎月支払う保険料の
問題だけ
です。

自分が払える保険料の範囲であれば
どちらも付けておいて
支払いが厳しいようであれば
人身傷害保険だけにすると良い
でしょう。

各保険会社によって
金額や補償の差があるので
必ず複数社で見積もりを取って
比較する事が大切
です。