搭乗者傷害保険は必要?

搭乗者傷害保険を簡単に言うと
車に乗っている人が怪我をした際に
保険料が支払われる特約です。

対象は本人、家族、他人の
誰でも補償される保険です。

あと、「事故でしか使えない」
と思いがちなのですが・・・

車に乗った時に

「ドアで挟まり怪我をした」

という場合でも申告すると
使える場合があります。

軽度な怪我なら良いですが
骨折など治療費が掛かる怪我は
加入している保険会社に
確認すると良いでしょう。

搭乗者傷害保険は通院日数で
支払われる金額は決まりません

怪我や症状の内容によって
金額が決められている
のです。

具体的には・・・・

打撲・捻挫  5万円
挫創     15万円
骨折・脱臼  60万円

 

というように支払われる金額は
決まっています。

大体の保険会社は5日以上の
入院、通院に対して
保険金が支払われます

もし、5日未満の治療の場合は
一律1万円
などと決まっています。

頭部や指など怪我した箇所によって
金額が違います。

また、搭乗者傷害保険は
ケガが確定した時点で支払われます

事故で余計な出費が出た場合には
とても助かります。

搭乗者傷害保険は必要なのか?

搭乗者傷害保険は
必ず入る必要はありません

なぜなら、搭乗者傷害保険の補償は
人身傷害保険でカバーできる
内容だから
です。

保険料を少しでも抑えたいなら
加入していなくても
問題ないでしょう。

搭乗者傷害保険のまとめ

車に乗っている人であれば
誰でも補償される

利用しても等級は変わらない
(ノーカウント事故)

部位・症状別払いが多い

示談する前に保険金を
受け取る事が出来る

大きなメリットは
治療中でも早い段階で
保険金がもらえる事
です。

事故で思わぬ出費が掛かった時は
とても助かります。

ただ、治療費や車の修理費などは
保険会社が払ってくれます。

そういう意味では
大きな出費が出る事は少ないでしょう。

搭乗者傷害保険は無くても
問題はありません。

ただ、保険料は安いです。

手厚い保障が必要であれば
付けても良いでしょう。

悩んで決められない場合は
搭乗者傷害保険を付けた場合と
付けない場合の見積もりを取り

比較することで検討しましょう