自動車保険の加入を決める時の注意点

自動車保険の加入を決める時の
注意点はあるのでしょうか?

自動車保険はたくさんの会社で
取り扱われています。

よく、保険料に気を取られてしまい
保険会社の事をあまり調べずに
加入してしまう事があります。

しかし、それれ決めると
トラブルの時に保険が使えずに
困ることもあるでしょう。

ここでは、自動車保険の決めるときの
注意点について解説します。

契約内容をしっかりと確認する

自動車保険は補償の項目が
たくさんあります。

なので、全てを把握することが
出来ていない場合があります。

等級6級、対人対物無制限
車両保険有り、ロードサービス・・・

加入しているのに
自分についている補償が
把握出来ていない場合も多いです。

そして、それがどんな条件で
利用できるのかもわかりません。

よくある勘違いに
以下のようなものがあります。

搭乗者障害は運転手には使えない

弁護士特約を利用したら等級が下がる

レッカーは何キロでも無料

自損事故で自賠責を使える

このように間違った理解の人が多いです。

ですから、1つ1つどんな補償なのか
どういう時に仕えるのかなど
しっかりと確認することが大切
です。

自分に合った補償内容で保険会社を比較して契約する

代理店で加入する人は
担当者に任せっきりの人が多い
です。

代理店の担当者が詳しい方であれば
補償内容が悪くなる心配はないです。

ただ、その場合は代理店が薦める
保険会社に加入する事になります

しかし、ここで契約するのは
まだ早い
のです。

なぜなら、保険会社によって補償内容と
保険料の違いがあるから
です。

補償内容は細分化といって
細かく設定出来ます

例えば年間の走行距離を設定する時は
5000キロ以下、5000キロ
1万キロというように区分があります。

しかし、これは保険会社によって
設定が違います。

例えば走行距離が短い人ほど
事故をしにくいと判断されてます。

当然保険料は走行距離が
短い方が安くなります。

もし、年間に3000キロ以下しか
走らないのであれば
3000キロ以下の区分がある
保険会社の方が良い場合もあります。

他にもこのように
細分化されている補償があります。

使用状況に当てはまる保険会社で
契約した方が
保険料を抑えられます。

また、同じ条件だったとしても
各会社によって保険料は違います

自動車保険は車に乗っている限り
支払いはずっと続きます。

ですから、保険料は安い方が
生活の圧迫を防ぐことが出来ます。

知り合いだからという理由で
保険を決める人が多いです。

でもお金を払うのは自分なので
その辺りをよく考えて
保険会社を選ぶと良いでしょう。