ネットで一括見積もりした後の保険会社の選ぶ基準

ネットで一括見積もりすると
ある程度の保険料がわかります。

その後、加入する保険会社を選べば
損をする確率が減ります。

しかし、保険料が安いだけで
選んでも良いのでしょうか?

どのように保険会社を選ぶのか?
注意した方が良い点はないのか?

ここでは一括見積もり後の
保険会社の選び方を解説します。

自動車保険を選ぶ時の基準

ほとんどの人が自動車保険を選ぶ時

保険料の安さ

を一番に考えているようです。

その次は

補償内容やサービス

です。

それ以外で検討する人は
あまりいないようですね。

つまり、自動車保険を選ぶ時は

「保険料の安さ」

「補償内容」

だけ考えれば良いでしょう

気を付けたいこと

「保険料の安さ」だけで
選ぶ人が多いわけですが
保険料を一番に考えるのはダメです。

保険を選ぶ時の最重要項目は
「補償の内容」です。

いくら保険料を安くしたくても
補償内容を削ってはいけません

補償が悪くなってしまっては
自動車保険に加入した意味が
なくなってしまいます。

ネットの保険会社が安いのは
それぞれに合わせた
補償内容に出来るから
です。

例えば乗る人の年齢や乗る頻度
使用目的は様々です。

そういった細かい条件に
保険内容を合わせる事で
保険料を安く出来ている
のです。

ですから、Aさんはソニー損保が
一番安い。

でもBさんはアクサダイレクトが
一番安い

という事があり得るのです。

特に「ロードサービス」
「事故対応体制」
は保険を決める際に
注意しておきたい点です。

「見積もりの中に
含まれているから大丈夫」

というわけではなく
詳細を確認する必要があります。

なぜなら、ロードサービスや
事故対応の方法は
保険会社によって違います

1つ例を挙げてみます。

イーデザイン 60000円
三井ダイレクト 70000円
(※補償のプランはほとんど同じ)

この場合、保険料の安い
イーデザインに決めてしまえば良いと
考えてしまうところですよね。

しかし、単純に保険料だけで
決めるのは良くない
のです。

例えばロードサービスの中に
レッカーサービスがあります。

会社によっては「30キロまで無料」
「60キロまで無料」などと違います

遠出する人は距離が多い方が良いし
近場でしか乗らない人は
短くても良いでしょう。

普段どのように車を利用するのかで
必要なサービスが違ってきます

見積もりをした後は
表面からでは確認出来ない、

細かいサービスを
もう一度確認して選ぶ必要があります。

まとめますと、保険会社を選ぶ基準は

車を使う環境に補償内容が
合っているかどうか

ここが一番の決め手だと思います。