自動車保険のネットと代理店の保険会社の違い

ネットの自動車保険会社は
価格が安くて魅力ですよね?

気になっている人も
多いのではないでしょうか。

見積もりをとるとわかりますが
本当に保険料が安い
です。

とにかく保険料を安くしたい人は
見積もりを出してもらった方が
良いと思います。

ところで、このネットの自動車保険は
なぜ保険料が安いのでしょうか?

ネット型と代理店型の保険料の違いは?

ネットの自動車保険は
「ダイレクト型」もしくは
「通販型」の保険と言われます。

その逆の保険が
「代理店型」の保険となります。

保険料が安い理由の1つとして

「代理店の手数料がない」

という点が挙げられます。

ネットの自動車保険
保険会社→契約者

代理店の自動車保険
保険会社→代理店→契約者

代理店型は保険会社と
契約者の間に代理店が入る為
そこに手数料が発生するのです。

代理店は多くて15%くらいの
手数料が発生します。

代理店を経由しない
ネットの自動車保険であれば
その分、安くする事が出来ます。

更にネット型はもう1つ保険料を
安く出来る理由があります。

それは・・・

「保険の内容をよりリスク細分化している」

ところにあります。

リスク細分しているというのは
条件を細かくしているということです。

保険料を決める際は

年齢
使用目的
車種
年間の走行距離
等級
運転者限定
免許証の色

などの項目で決められています。

ネット型の会社は
この項目を更に細かく分けています

例えば、走行距離の項目を
4つではなく7つくらいに分けたり
「住んでいる地域」など
基準にする項目が多くなります。

たくさんの組み合わせにすると
より事故を起こしにくいという

構成になっていきます。

事故が起きにくい条件になれば
保険料を安くすることが出来るわけです。

更に割引や特約も充実しています。

このような理由から
ネット系の保険会社は
保険料を安く出来るのです。

ネット型と代理店型のメリットとデメリット

ここまで料金の事について
解説してきました。

これだけ聞くと
「ネット型」の方が良いと
判断してしまいますよね。

しかし、メリットだけではなく
デメリットというのも存在します。

ネット型と代理店型の特徴を
下記にまとめたので
参考にしてみてください。

ネット型
長所
・保険料が代理店系に比べかなり安い
・専用のオペレーターがいるので夜間や休日でも電話対応してもらえる。

短所
・契約内容を自分で決める必要がある
・事故を起こしても現場には誰も来ない
・事故現場の写真を自分で撮る必要がある
・基本的に自分1人で事故の対応が出来る力が必要
(代理店のように任せっきりに出来ない)

代理店型
長所
・対面で契約出来るので安心感がある。
・事故現場が近ければ駆けつけてくれる。
・担当の人に直接相談できる。
・細かいサポートをしてもらいやすい。
・国内の大手保険会社が多い。
・手続き等を任せっきりに出来る。

短所
・保険料はネット型より高くなる。
・担当の人が事故の知識がないという場合もある。
・契約店次第で良さが変わる。

上記がネット型と代理店型の
長所と短所となります。

結局、どこを重要視するのかで
ネット型と代理店の
どちらが良いかが変わります。

ネット型の自動車保険を
悪く言う方も多いのですが
実際はそんな事はありません。

1人の人がサポートするわけではなく
分業しています。

それぞれが専門の知識を持っています

わからない事でも質問すれば
すぐに回答してもらえます

代理店は「サポートが良い」
という理由で契約している人も
多いです。

実際は担当者次第なので
そうとは限りません

中には自分の都合でしか
動いてくれない人もいますので。

最近はネット型の保険会社も
サポートの良さを売りにしています。

ネット型の保険会社の方が
良い事も多い
でしょう。

ネットの無料見積もりは
5分程度で結果がわかります。

見積もり金額を出してから
どちらにするか決めても
遅くはないでしょう。