35歳の自動車保険 新規の相場

画像

35歳の自動車保険は新規で加入するとどれくらいの金額になるのか、気になる人もいると思います。

 

保険料は車種によっても違ってきますので、全てパターンでの相場を知ることは難しいと言えます。
(※理由はコチラ自動車保険の相場を知るのが難しい理由

 

ですが、大体の目安にはなると思うので、参考にしてみてください。

 

ここでは、35歳の自動車保険料について見積もり比較をして解説しています。

 

保険料はどれくらい?

 

ここではトヨタのアクアに乗るという前提で
35歳の自動車保険料を比較してみました。

 

保険は一括見積もりサイトを利用して比較しています。

 

今回、見積もりを出したのは7社でした。

 

チューリッヒ、アクサダイレクト、イーデザイン損保
三井ダイレクト、SBI損保、アメリカンホームダイレクト、ソニー損保です。

 

どれも有名な保険会社なので、聞いた事があると思います。

 

結果は・・・

一番安い → 69.970円(チューリッヒ)
一番高い → 102.810円(ソニー損保)

でした。

 

年間で約35000円くらいの差があります

 

月にすると3000円くらいの差がありますので、
結構違いがあるのがわかると思います。

 

条件によってはもっと安くなることもありますし、
高くなることもあるので、相場はわかりにくい
です。

 

今回の条件では車両保険を付けていますので、
値段の高い車であればもう少し価格が上がるでしょうし、
安い車であれば価格は下がるでしょう

 

上記の保険料が「相場」とは言えませんが、
35歳であれば、月の支払いは1万円前後に落ち着きそうです。

 

注意しておきたい事

 

今回の見積もりの結果では
一番安い保険会社はチューリッヒでした。

 

ただ、35歳の保険料はチューリッヒが安いとは限りません

 

それは補償の内容によって保険料が違うからです。

 

車両保険の有無

年間の走行距離

特約

運転手の限定

 

など、条件が変わってくれば、一番安くなる保険会社も違ってきます

 

ですから、1社だけで見積もりを取るのではなく、
必ず複数社で比較する事が大切です。

 

そうすることで、保険料が安いか高いかだけではなく、
自分に合った自動車保険を見つけることが出来るでしょう。

え?保険会社が違うだけで107.730円も違うなんて・・・・

保険スクエアbang!

画像

35歳の自動車保険 新規の相場

画像


保険の窓口インズウェブ

画像

35歳の自動車保険 新規の相場

画像


朝日火災 自動車保険

画像