自動車保険 26歳新規の相場

画像

自動車保険に26歳で新規加入する際の相場について解説していきます。

 

26歳の場合は保険料も安くなってくるタイミングなので、新規で加入しても、思ったよりも安く感じるかもしれませんね。

 

ちなみに26歳、27歳、28歳、29歳までは同じです。

 

ここで紹介している例は26歳〜29歳までの対象となりますので、
この範囲の年齢であれば参考になります

 

26歳、新規加入した例

 

実際のところ保険料の相場を知る事は難しいので
以下の条件で一括見積サイトを利用して保険料を出してみました。
(※相場を知るのが理由はコチラ自動車保険の相場を知るのが難しい理由

 

トヨタ シエンタ

年齢条件 26歳以上
等級 6等級
運転者限定 夫婦限定
使用目的 レジャー
対人賠償 無制限
対物賠償 無制限
人身傷害 1億円
搭乗者傷害 3000万
車両保険 50万(免責 5-10)
走行距離 3000km以下

 

一部の保険会社の見積もりの結果を見てみると

チューリッヒ 66,920円
三井ダイレクト 84,130円
ソニー損保 97,710円

という感じになりました。

 

他にもありましたが、チューリッヒが一番安く、
ソニー損保が高いという結果
でした。

 

保険料は月でみると約6500円〜8100円の幅に収まるようです

 

もし、家族に30歳以上で等級が高い人がいるのであれば、
その人の等級と交換するか、新規でもセカンドカー割引を利用して
7等級から始める事も出来るので更に安くなる可能性があります。

 

今回の例に出した保険料のポイントは
「車両保険が50万」という事と「走行距離3000km以下」という部分です。

 

これは、主婦が免許を取り立てで、子供が大きくなってきたから、
小回りが利く車を購入したというイメージで見積もりを出しました。

 

例よりも高額な車を用意したり、通勤、業務で使用するとなれば、
保険料はこれよりも高くなる
でしょう。

 

特に車両保険に関しては保険料が上がる要因として大きいので、
保険料を考えるとあまり高額な車は買わない方が良いと思います。

 

出来るだけ保険料を安くするには?

 

出来るだけ保険料を安くするには、複数の保険会社との比較です。

 

上記の例を見るとわかるように、
安い保険と高い保険の金額の差は歴然です。

 

年間3万円も違ってくると、負担は変わってくるでしょう。

 

ネットの見積もりを使うと5分程度で概算がわかるのでオススメです。

え?保険会社が違うだけで107.730円も違うなんて・・・・

保険スクエアbang!

画像

26歳の自動車保険 新規の相場

画像


保険の窓口インズウェブ

画像

26歳の自動車保険 新規の相場

画像


朝日火災 自動車保険

画像