人身傷害補償保険とは?金額の設定はどれくらい?

画像

人身傷害補償保険の金額の設定に悩まれる方も多いようですね。

 

確かに、数千万の補償と言われてもピンと来ないでしょうから。

 

実際に身近な人でそんな金額になるような事故に遭われた方はそうそういないものです。

 

加害者がいる事故であれば、加害者の保険を使うわけですしね。

 

そんな風に考えると、あまり高くなくても、大丈夫じゃないかと思う事もあるでしょう。

 

ただ、万が一事故に遭ってからでは遅いです。

 

金額を決める際に考える基準はあるので、
まずは人身傷害補償保険についてある程度の知識は持っておきましょう。

 

人身傷害補償保険とは?

 

人身傷害補償保険を簡単に説明すると、自分自身の過失分を含めて、
事故により掛かった費用が補償される保険
です。

 

具体的には契約した保険金額の範囲内であれば、
治療費用、休業補償、慰謝料、交通費などが支払われます

 

これは自損事故や自分の過失が100%の事故だったとしても使える補償なので、
絶対に付けておかなければならない保険となりますね。

 

1つ例を挙げてみましょう。

自分の過失90%で相手の過失が10%で
自分に対する治療費が1000万掛かった場合

 

自分の負担・・・900万
相手の負担・・・100万

 

もし、人身傷害補償保険がなければ900万は自己負担となります。

 

しかし、人身傷害補償保険の補償があれば、自己負担はなくなります。

上記の例を見るとわかると思いますが、イメージとしては、

 

自分に対する費用を負担してくれる補償
と考えておくのが一番わかりやすいと思います。

 

ちなみに、契約者とその家族であれば、
歩行中に事故に遭った時でも使える場合が多い
ので、
覚えておくと良いでしょう。

 

人身傷害補償保険の金額設定

 

人身傷害補償保険の金額設定については難しいところです。

 

強いて基準を挙げるとすれば、
万が一の時に必要なお金がどれくらいなのかを
しっかりと考えて設定すると良い
でしょう。

 

もし、事故により怪我や死亡した際に生命保険が下りるとすれば、
その金額と合わせて考えるとわかりやすいと思います。

 

仮に後遺症が残り、今後の費用が介護などで1億円かかるとします。

 

その場合、人身傷害補償保険から5000万円が最高額だとしたら、
5000万円足りないことになります。

 

それを生命保険などで穴埋め出来るのであれば、
人身傷害補償保険の金額は5000万円でも良いという事です。

 

逆に生命保険などで補填が無理であれば、
1億円や無制限などの設定にしておく方が良いということになります。

 

つまり、保険屋さんに言われたからこの金額」ではダメなのです。

 

個人個人で生活環境は違ってくるので、
自分に合わせた金額に設定する必要があります

 

どうしても「わからない」、「心配」だというのであれば、
無制限にしておく方が良い
でしょう。

 

そうすれば、費用に関しては気にする必要がなくなります。

 

ただ、自動車保険料はそれなりに上がってしまいます

 

月にどれくらいの保険料であれば良いのかわかっているのであれば
まずは、無制限に設定をして複数の保険会社で見積もりを取ると良いでしょう。

 

そうすれば、人身傷害補償保険を無制限にしても問題ない保険料で
契約が出来る保険会社が見つかるかもしれません。

え?保険会社が違うだけで107.730円も違うなんて・・・・

保険スクエアbang!

画像

人身傷害補償保険とは?金額の設定はどれくらい?

画像


保険の窓口インズウェブ

画像

人身傷害補償保険とは?金額の設定はどれくらい?

画像


朝日火災 自動車保険

画像


関連ページ

車両保険は付けるべきか?
ここでは、車両保険は付けるべきかどうかの解説をしています。
車両保険に免責はある方がよいのか?
ここでは、車両保険に免責はある方がよいのかどうか解説しています。
搭乗者傷害保険はどれくらいの金額を目安に設定すると良いのか?
ここでは搭乗者傷害保険はどれくらいの金額を目安に設定すると良いのかを解説しています。