自動車保険の加入を決める時の注意点

画像

自動車保険の加入を決める時の注意点はあるのでしょうか?

 

自動車保険はたくさんの会社が取り扱っています。

 

よく、保険料に気を取られてしまい、
保険会社の事をあまり調べずに加入してしまう事があります。

 

しかし、それでは何かトラブルがあった時に困ることもあるでしょう。

 

ここでは、自動車保険の決めるときの注意点について解説します。

 

契約内容をしっかりと確認する

 

自動車保険は補償の項目がたくさんあるせいか、
全てを把握出来ていない場合があります。

 

等級6級、対人対物無制限、車両保険有り、ロードサービス・・・

 

このようにどんな補償が付いているのか程度は
把握出来ていても、それがどんな条件で利用できるのかなど
詳しく把握出来ている人は少ない
です。

 

例えば、

搭乗者障害は運転手には使えない

弁護士特約を利用したら等級が下がる

レッカーは何キロでも無料

人身障害補償って何?

 

上記のように、よくわかっていなかったり、
間違った理解をしている人が多い
ようです。

 

ですから、1つ1つどんな補償なのか、
どういう時に仕えるのかなど、しっかりと確認することが大切です。

 

自分に合った補償内容で保険会社を比較して契約する

画像

代理店で加入する人は、ほとんどが担当者の人に任せっきりです。

 

代理店の担当者が詳しい方であれば、
補償内容が悪くなる心配はないと思います。

 

ただ、その場合は代理店が薦める保険会社に加入する事になります

 

しかし、ここで契約するのはまだ早いのです。

 

なぜなら、保険会社によって補償内容と保険料の違いがあるからです。

 

補償内容は細分化といって細かく設定出来ます

 

例えば年間の走行距離を設定する時は
5000キロ以下、5000キロ、1万キロというように区分があります。

 

しかし、これは保険会社によって設定が違います。

 

走行距離が短い人ほど事故を起こしにくいと判断されているので、
当然保険料は走行距離が短い方が安くなります。

 

もし、年間に3000キロ以下しか走らないのであれば、
3000キロ以下の区分がある保険会社の方が良い場合もあります。

 

他にもこのように細分化されている補償があるので、
自分の使用状況に当てはまる保険会社で契約した方が
保険料を抑えることが出来ます。

 

また、同じ条件だったとしても、各会社によって保険料は違います

 

自動車保険は車に乗っている限り、支払いはずっと続きます。

 

ですから、出来る限り保険料を下げた方が、
生活の圧迫を防ぐことが出来るでしょう。

 

つまり、自動車保険に加入する時は
必ず複数社で比較することが重要となります。

え?保険会社が違うだけで107.730円も違うなんて・・・・

保険スクエアbang!

画像

自動車保険の加入を決める時の注意点

画像


保険の窓口インズウェブ

画像

自動車保険の加入を決める時の注意点

画像


朝日火災 自動車保険

画像


関連ページ

外資系自動車保険が安い理由は?
ここでは外資系自動車保険が安い理由について解説しています。
自動車保険の選び方
ここでは、自動車保険の選び方について解説しています。
出来るだけ安い自動車保険を探す時
ここでは出来るだけ安い自動車保険を探す時について解説します。
月の途中で自動車保険に新規契約した場合は日割りで計算される?
ここでは月の途中で自動車保険に新規契約した場合は日割りで計算されるのかどうか解説しています。
搭乗者傷害保険は必要?
ここでは搭乗者傷害保険は必要なのかどうか解説しています。
搭乗者傷害保険と人身傷害補償の違い
ここでは、搭乗者傷害保険と人身傷害補償の違いについて解説しています。
週末だけしか車を使わない場合の保険料について
ここでは、週末だけしか車を使わない場合の保険料について解説しています。