自動車保険 18歳の相場

画像

自動車保険の18歳の相場について解説していきます。

 

自動車保険の中でも最も高いのが、18歳の保険料です。

 

加入者の人数は他の年齢に比べると少ないのですが、事故を起こす比率が高いので保険料が高くなります

 

また、新規加入がほとんどなので、等級の割引もありません。

 

そういう理由もあり、全体的に18歳の相場は高めとなります。

 

相場をチェック

 

相場については、条件によって様々なので難しいところです。
(※理由はコチラ自動車保険の相場を知るのが難しい理由

 

 

軽自動車で通勤に使い、年間1万キロ程度使うとなると、
車両保険を付けて、年間20万円前後はかかります
(※軽自動車の見積例はコチラ→軽自動車18歳保険料

 

通販型の自動車保険でこの保険料です。

 

代理店手数料が15%ほど含まれている、
代理店型の保険料は3万円前後高くなるでしょう。

 

ちなみに普通車の見積もりもチェックしてみました。

 

ホンダフィット GK5 等級 7等級

使用条件 通勤通学
年間の距離数 10000キロ
対人 無制限
搭乗者傷害保険 1000万
人身障害補償保険 3000万
車両保険 100万
免責 1回目 5万 2回目 10万
運転車限定特約 無し

 

保険料は以下の通りです。

三井ダイレクト損害保険 167580円
ソニー損保 211390円
イーデザイン損保 141870円

 

やはり、20万前後は掛かるようですね。

 

出来るだけ安くする為には?

画像

補償内容だけで18歳の自動車保険料を安くするのは難しいです。

 

補償内容は削ることで安くする事は可能ですが、事故を起こす比率が高い18歳で補償内容を削るのは良くありません

 

ですから、補償を充実させて保険料を安くするように考えたいところですね。

 

いくつか保険料を安くするための方法があるので紹介しておきましょう。

 

同居の家族と保険をチェンジする

 

補償内容を充実させて保険料を安くする方法は、同居の家族の中の一番等級の高い保険で契約することとなります。

 

どういう事かと言いますと、親が長年保険を契約していた場合
事故がなければ等級が高くなっています。

 

例えば、10年無事故であれば、16等級以上になっているので
その保険を18歳の子供の契約にして
親はセカンドカー割引を使い7等級からスタートするという方法です。

 

35歳以上の家族が7等級になったとしても、
18歳の保険料よりは安く済みます。

 

つまり・・・

 

1.18歳の7等級の保険料と35歳以上の16等級の保険料
2.18歳の16等級の保険料と35歳以上の7等級の保険料

 

で比較すると2の方が
世帯で考えると支払う保険料は安くなるでしょう。

 

購入する車を検討する

もし、家族の保険が使えない場合は購入する車を考えた方が良いでしょう。

 

購入する車と言っても2つの観点から考える必要があります。

 

1つ目は購入する車を出来るだけ安くする事です。

 

車の価格によっては車両保険を付けなくてはなりません。

 

やはり、事故で全損になってしまった場合
ローンだけ残ってしまうという事もあり得るからです。

 

100万、200万という金額の車を一括で買える人はなかなかいないでしょうから
車両保険を付けないわけにはいかないでしょう。

 

しかし、価格の安い車であればどうでしょうか?

 

例えば、20万くらいの車であれば、ローンを組まないで買う事も可能です。

 

これであれば、車両保険を付けたとしても安いですし
付けなくても問題ないでしょう。

 

事故を起こした場合、車両保険に加入していないと
車の修理や購入する為の費用は出ません。

 

ですから、新車や高額な車は車両保険に加入した方が良いのです。

 

しかし、保険を利用しなくても購入できるような
安い中古車であれば車両保険に加入する必要はありません

 

つまり、安い車であれば車両保険分の保険料を下げる事が出来ます

 

車両保険を付けないだけでも、保険料をグッと抑える事が出来るので
まだ車が決まってなければ検討してみると良いでしょう。

 

 

2つ目は軽自動車を購入する事です。

 

軽自動車は料率クラスという項目がないので
車の違いによって保険料が変わるということはありません。

 

例えば、普通車であれば、スポーツカーとワンボックスでは
同じ価格体の車両であっても、スポーツカーの方が保険料は高いです。

 

なので、軽自動車であれば、どの車を購入しても保険料は安くなります。

 

また、税金やタイヤなどの消耗品も安いので
年間で見たときの維持費も抑えられるので、その分保険料が高くてもカバーできます。

 

 

3つ目は免責を設定する事

免責は車の修理で保険を使う場合
5万か10万円を負担しなければならないという条件
です。

 

大体は0-5 5-10 10-10などのような形で明記されています。

 

これは、1回目の負担が左の数字で2回目の負担が右の数字となっています。

 

1年で2回事故を起こすのはあまり無いので
最低でも2回目の分は免責を設定するほうがよいでしょう。

 

結局、保険を使うと等級が下がります。

 

等級が低いうちは下がった後の保険料と差額を考えた場合
5万から10万円くらいは自分で負担した方が特な事が多いです。

 

なので、最低でも5-10くらいに設定しておいて
毎月の保険料を減らす方が費用が抑えられます。

 

100万円くらいの車両であれば
大体5-10でも月にすれば700円くらいは抑えられますし
10-10に設定すれば1300円くらいは抑えられます。

 

まとめ

 

18歳での自動車保険は新規で加入する場合はかなり高いです。
なので、保険の条件を見直すなどして、出来るだけ安くするようにしましょう。

 

また、条件を見直すだけでなく、保険会社も比較する事が大切です。

 

保険会社によっては自分にとって都合の良い安くなる特約があるので
思った以上に差が出ることもあります。

 

ある程度の条件が決まったら、複数の保険会社で比較しましょう。

 

すぐに保険料がわかる一括見積もりサイトを利用して、
ある程度の概算の保険料をチェックするとすぐにわかるので便利です。

え?保険会社が違うだけで107.730円も違うなんて・・・・

保険スクエアbang!

画像

18歳の自動車保険の新規の相場は?安くするポイントも解説します!

画像


保険の窓口インズウェブ

画像

18歳の自動車保険の新規の相場は?安くするポイントも解説します!

画像


朝日火災 自動車保険

画像